簿記や税法を学んで、税理士事務所や会社の事務・経理への就職を希望する方。
会計ビジネスコース(2年制課程・昼間)

 

会計とは、会社などの営業活動を、帳簿に記録・計算・整理をして財政状況や営業成績を一般に公開したり、税金を納める基礎資料を作成したり、経営分析の判断材料にするものです。会計は経理とも称され、帳簿に記録する技術を簿記といいます。

目指す就職先
税理士事務所、税理士法人、一般企業の経理事務や一般事務

標準カリキュラム例(1年生)

    月曜日 火曜日 水曜日 木曜日

金曜日

1・2・3
時間目
9:30〜12:00
途中10分休憩
パソコン実習 簿記 計算実務 簿記 所得税法
昼休み(12:00〜13:00)
4・5・6
時間目
13:00〜15:30
途中10分休憩
ビジネス実務 原価計算 パソコン実習 原価計算 法人税法

POINT1簿記や税務会計などの公的資格取得に重点を置いたカリキュラム

会計分野の能力評価をあらわす資格能力試験が数多くあり、採用する税理士法人や一般企業は、簿記や税務会計、コンピュータ会計などの公的資格を採用基準とする傾向があります。会計税務コースは、期末試験などの成績評価試験を各種の公的能力検定試験に振り替えることにより、会計分野の公的資格が数多く取得できるカリキュラムとなっています。

POINT2学習経験や到達度によるクラス編成。初学者でも安心

高等学校で簿記や会計科目を学習している方と、簿記・会計を専門学校で初めて学習する方では入学時のスキルがかなり違います。会計税務コースは独自のカリキュラムにより、学習経験・到達度によるクラス編成を採用しています。初めて簿記や会計を学習する方でも安心です。学期末の到達度によりクラスを変更しますので、努力次第で専門知識を効率よく習得することが可能です。

POINT3税務申告やコンピュータ会計などの実践に即したカリキュラム

簿記・会計のみの学習だけでなく税理士事務所や一般企業の会計分野で働く方にとって必要な税務申告(所得税法、法人税法、消費税法等)やコンピュータでの会計記帳などの実践をバランスよく学習します。

会計税務の知識は一生使える

株式会社等の一般企業では、毎日の取引を帳簿に記し、財務状況や営業成績を明らかにしなければいけない業務(記帳業務)があります。この会計帳簿の記帳方法や財務状況や営業成績を明らかにする書類作成の知識を学習します。この知識は一生使えます。

目指す公的資格

簿記検定、税務会計検定(法人税法、消費税法、所得税法)、コンピュータ会計検定、ビジネス実務法務検定、税理士、社会保険関連の資格など